マンションを高値で売るには

マンション

マンションを持っているけど、売ろうかと考えている人も多いのではないでしょうか?
例えば小さい子供がいる人は今後の家賃のことを考え、子どもが小さいときにマンションを購入すると思います。
子どもが実家にいるうちは良いですが、子どもが社会人になって家から出ればマンションは空き部屋が多くなってしまいますので夫婦二人では広すぎる家になりますね。
夫婦二人ならもっと小さい家に引っ越したいと思うものですが、引っ越すとなれば持っているマンションを売らなければなりません。
マンションを売るのなら不動産業者に売りますが、マンションの値は不動産業者によって違いがあります。
そのため適当に選んだ不動産に頼んでしまうと、損をしてしまう事だってあるのです。

 

Aに頼んだら1000万円だったけど、Bに頼んだら1500万円だったとしたらどうでしょう。
誰だってBに頼みますよね。
しかし最初から一つの不動産に絞ってしまうと一つの不動産の価格しかわからないので、複数の不動産業者に査定をお願いする必要があります。
複数の査定を受けることで最も高値で買い取ってくれる不動産業者にお願いすることができますよ。
一つの不動産にこだわると損をしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

とは言っても複数の不動産に査定を依頼するのはとても大変な事。
いくつかの不動産を探して査定を依頼し、自分で査定を比較して決める。
これはとても手間がかかることなので、自分一人でしようと思うととても忙しくなってしまいます。
また不動産業者を選ぶところから始まるので、どこの不動産業者なら安心なの?と困ってしまいますよね。

 

ここでは高値でマンションを売りたい考える人におすすめの情報を紹介します。
マンションを売りたいけどどこに査定を頼めばいいかわからない、複数の業者に依頼するにしても手間がかからない方法はないの?と考えている人は参考にしてくださいね。

ローンがまだ完済していないのにマンションを売れる?

マンションを高値で売りたいという人も多いですが、持ち家を売りたいと考える人も多いでしょう。
若いときに家を購入したけど、子どもが自立してから広い家が不要になったという人もいます。
子どもがいなくなれば夫婦二人となりますので、夫婦二人となればもう少し狭い家でもいいですよね。
広い家は移動も大変になるので、今後のことを考えれば狭い家の方が夫婦にとっても良いでしょう。

 

多くの人が30代頃に家を買うと思いますが、家を買う時はローンを組むと思います。
ローンの年数も人それぞれですが、大体30年前後が多いのではないでしょうか。
30代頃に30年のローンを組めばローンが終わるのは60代となります。
60代になる前に子供が自立してしまうとローンが終わっていない状態で広い家となってしまいますが、それでも売りたいと考える人もいるのではないでしょうか?

 

ローンを完済前に家を売ることは不可能ではありません。
しかし簡単には売る事ができないので注意が必要です。
まず家をローンで買う時は銀行でマイホームローンなどを組むと思います。
このローンで借りている時、抵当権というものが発生します。
これは銀行が持つ権利のことで、銀行は住宅ローンが払えなくなったら家を売却し、その売却金額を住宅ローンにあてる事ができるというものです。
つまり支払いができなくなったら銀行は自由に家を売却してそのお金を回収することができるという権利ですね。
家を売る時はこの抵当権を抹消する必要があり、抹消するには住宅ローンを完済する必要があります。

 

ローンを完済するとは言っても、家を購入する際は少なくとも1000万円はします。
その金額を多少返し終えているとは言っても、半分近くまだローンが残っているということもあるでしょう。
その場合は売却したお金をローンにあてましょう。
売却金額だけではローンの返済ができないかもしれませんので、その場合は残りの金額を手出しする必要があります。

 

その他に任意売却という手段を取る方法もあります。
返済方法は上記と一緒で、売却したお金をローンの返済に充て、ローンを完済できなかった場合は残りの金額が借金として残るという方法。
借金なので銀行と交渉し、分割払いにしてもらうと良いですね。
どうしても返せない場合は自己破産などを行う必要がありますので、そうなってくるとまた別の話になります。

 

貯金がある程度あり、売却金額と合わせれば完済できるのであればその方法が一番です。
貯金が全くなく、売却金額だけでは完済できない場合は任意売却を行いましょう。
任意売却は専門家に依頼することもできますので、自分ですることが困難な場合は専門家にお任せすると良いですよ。

マンション売却にかかる必要経費

マンション

マンションを売却する際、様々な諸費用が必要だということをご存知ですか?
売却するんだからお金を払う必要はなさそうなものですが、実は色々なお金が必要になります。
ここで紹介しましょう。

 

まずマンションを売るのであればマンション内を綺麗にしておく必要があります。
不動産業者に売りに出してもらったら購入希望者がマンションの見学に来ますが、汚いマンションを見て購入しようなんて人は中々いません。
入ってから自分たちで綺麗にするからいいよなんて気前のいい人も中々いませんので、所有者が事前に綺麗にしておく必要があるのです。
もちろん自分たちで掃除をしてもいいのですが、できればプロにお願いしておきましょう。
プロは自分たちでは気づかない部分も掃除してくれますし、プロならではの高い技術力でピカピカにしてくれるので、部屋が見違えるほど綺麗になりますよ。
キレイになればなるほど印象が良くなるので、綺麗にしておけば早い段階で購入者が見つかるかもしれません。
まずここの綺麗にしておくところでクリーニング代などが発生しますね。

 

綺麗にしたら次は不動産業者に売却の相談に行きます。
売却できる状態になっているのならすぐに不動産業者が広告を出して宣伝してくれますので、ここで広告費がかかります。
購入者が決まったらその時に不動産業者に仲介手数料の半額を支払います。

 

売却が決まり、引き渡しなども完了したら残りの仲介手数料を支払います。
その他に登記費用・印紙税などが必要です。
さらに譲渡所得税も必要になります。

 

マンションを売却する際はこれらの支払いがあります。

  • クリーニング代
  • 必要であればリフォーム代
  • 広告費
  • 仲介手数料
  • 印紙税
  • 登記費用
  • 譲渡所得税

売却費用で十分賄えると思いますが、クリーニングやリフォームでどれくらいかかるかはわかりません。
安くキレイにしてくれる業者を見つけましょう。

マンションの売却にかかる税金は?

マンションを売るのにかかる費用は上記で紹介しましたが、ここではマンション売却時にかかる税金について紹介しましょう。

 

税金は印紙税と譲渡所得税ですね。

 

印紙税は売却金にかかる税金です。
不動産売買の場合は契約書に印紙を張ることで税金を納めたという証拠になります。
この印紙は売却額によって変化しますので、不動産業者に聞いておきましょう。

 

次に譲渡所得税ですが、これはマンション購入時の価格よりも売却額の方が大きかった場合、その利益の分に課される税金のことです。
購入価格の方がかった場合はこの譲渡所得税は発生しません。
また利益があったとしても控除を受ける事ができますので、控除を受けておけば税金が安くなりますよ。
この税金は確定申告で申請し、その時に税金を納める事となります。

 

税金はこの二つが発生します。
印紙税は売買契約の際に必ず払うので忘れないと思いますが、譲渡所得税は確定申告をしなければなりません。
忘れないように気を付けましょう。

マンションの査定、売却の流れ

マンション

ここではマンションを売却するまでの流れについて紹介します。
流れについては以下の通りです↓

  1. マンションの査定をお願いする
  2. 査定によって仲介してもらう不動産業者を決める
  3. 不動産業者が宣伝をする
  4. 購入者が決まり次第、売買契約を交わす
  5. 売却し、購入者にマンションを引き渡す

こういった流れになります。

 

マンションの査定は複数の業者に依頼しましょう。
複数の業者に依頼し、一番高値をつけてくれるところがおすすめです。
不動産業者が宣伝をしても、家はすぐに売れる場合と売れない場合があります。
これに関しては運まかせなので、なかなか決まらないと焦らずに気長に待つと良いですよ。
購入者が現れたら不動産業者に仲介してもらって売買契約を交わします。
その後購入者にマンションを引き渡せばOK。
マンションの売却が完了となります。

マンション一括査定を利用するメリット

ここまでに紹介してきた通り、マンションを高値で売るなら複数の業者に査定をお願いすることがおススメ。
なぜ複数の業者にお願いしなければならないのか?まだよくわからないという人もいるのではないでしょうか?
なぜ当サイトが複数の業者に依頼することをお勧めするのかを紹介します。

 

複数の業者に依頼することでの最大のメリットは相場を知る事ができて、一番高値で売ってくれるところを選べることです。
複数の業者に頼めば頼んだ業者の数だけ査定額を知ることができます。
そこから大体の相場がわかりますし、一番安く見積もった業者と一番高く見積もった業者を知ることができるのです。
まずは一番高く見積もった業者を第一候補として選び、それからその業者についていろいろと調べていくことができるので、業者選びがスムーズにできるのですね。
一番高く見積もった業者が優良業者だとわかればそこに依頼できますよ。

 

そしてこの複数の業者に査定をお願いするのはとても大変です。
自分でいくつかの業者をピックアップし、一つ一つに査定依頼をしていくこととなるので手間も時間も必要です。
もちろん査定にはお願いした業者が全て来ますので、依頼後も大変なことになります。

 

マンションの一括査定サイトはサイトに情報を入力するだけで複数の業者の査定を一括で依頼することができます。
一つ一つの業者に依頼していく必要はありませんし、業者を一から選ぶ必要もありません。
サイトに登録している業者で近場の業者をサイトがピックアップしてくれるので、その中から選ぶ事ができますよ。
もちろん複数の業者に依頼することになるので依頼後は大変です。
しかし依頼前の業者選びから依頼までの手間を大幅に省くことができますので、とても楽です。

 

一括査定サイトのほとんどは優良企業のみを登録しているというサイトです。
そのため悪徳業者に引っかかる心配も少ないので、その点もメリットの一つですね。

マンションを売るのに高額で査定をもらうには?

マンション

マンションの査定をお願いするのであれば、当然高く査定をしてもらいたいもの。
マンションの築年数にもよりますが、できれば購入額以上のお値段がほしいですよね。
ではマンションを高額査定してもらうにはどうすればいいのかを紹介しましょう。

 

まず基本的な事で言えば掃除です。
汚い家と綺麗な家、どちらが心証がいいかと聞かれれば当然綺麗な家と答えるでしょう。
査定に来た人間に良い心証を与えるのはとても重要な事です。
築年数が古くても隅から隅まで綺麗な家はきもちがいいもの。
それに綺麗な家は汚い家に比べても良い風に見えますので、それだけで査定額が少しアップするかもしれません。

 

また壊れているところなどがあればリフォームをしておくことも大事です。
壁や床などが破損している家は当然査定額が下がります。
そのため低価格でリフォームできるところに関しては査定の前にやっておくと良いですよ。

 

また査定に来てもらう時は日中で天気が良い日にしましょう。
査定時はカーテンを開け、日光が部屋にしっかり入るようにしておいてくださいね。
日当たりが良い部屋を望む人は多いですし、日光が入ることで部屋全体が明るくなるのでそれだけで印象がアップします。
カーテンを開け、窓は綺麗に掃除をしておけば日光が良く入る日当りのいい部屋になりますよ。

 

マンションの高額査定をしてもらうにはいくつかの工夫が必要です。
査定までに準備を万全にしておき、良い部屋だと思ってもらえるようにしておきましょう。

マンションを売るのにおすすめの不動産一括サイト

 
HOME4Uの特徴

全国550の優良業者の中から厳選して一括査定の依頼ができるHOME4U。利用者が多く、利用者の満足度も高いため信頼できる一括査定サイトです。厳しい審査を合格した企業だけを登録し、悪徳業者はシャットアウトしているので悪徳業者に引っかかる心配もありませんよ。また選んだ業者から売り込みの連絡が入ることもありませんので、不快な思いをすることなく一括査定ができます。

評価 評価5
備考 優良企業ばかりだから安心して一括依頼できる
 
 
スマイスターの特徴

利用者が多く、満足度も非常に高いため安心して依頼できるスマイスター。全国約1000の企業が登録しているので、近場の優良業者から査定をもらう事ができますよ。簡単な情報入力だけで選んだ6社の査定依頼ができるので、手軽に利用することが可能です。インターネットから簡単に利用できるので、いつでもどこでも依頼ができる一括サイトです。

評価 評価5
備考 利用者が多く、利用者満足度も高い
 
 
イエウールの特徴

最短60秒で査定依頼ができるから、早めに査定を依頼したい人におすすめのイエウール。全国の約1200の企業の中から近場の優良企業を選出できますので、自分で一から探す手間が省けますよ。売却するまでしっかりサポートを受けることもできますので、売却が初めてで不安という人も安心です。

評価 評価5
備考 登録企業が多いので近場の企業をたくさん紹介してもらえる
 
 
マンション.naviの特徴

分譲マンション専門の一括査定サイトだから、マンションを売りたい人に特におすすめのマンション.navi。マンションの売却に特化したサイトなので、マンションを高値で売りたい人はぜひ利用してくださいね。最短45秒の情報入力で最大9社までに一括査定依頼ができるので、ちょっとした手間で多くの会社に査定をしてもらう事ができますよ。

評価 評価5
備考 分譲マンション専門だからマンション売却に特化している